すっぽん鍋

すっぽん鍋の魅力をすっぽんちゃんが解説しています。
MENU

すっぽん鍋の基本となる味付け

すっぽん鍋

 

すっぽんを食べるときには、何かと味付けに迷うことになるでしょう。意外と色々な味付けができるからです。大抵の味付けには合うようになっていますから、基本的にはそんなに心配することはないです。それこそ、好きにしてよいです。基本的には水炊きにするのがお勧めできます。あくまで個人の考え方次第ですが、すっぽんの出汁が綺麗に取れるからです。後は醤油やみりんなどで味付けをすればよいです。問題は血です。大抵の場合は加工処理がされていますから、血抜きなどをする必要があるわけではないです。しかし、血は別に売られていることもあるほどに人気の部分です。すっぽんの血といえば滋養強壮、精力増進に効果があるといわれている食材です。ですから、極めてメリットがあるのは確かです。食べ方としては肉は鍋、血は飲む、ということになります。血を煮込む、という手もありますが、やはりそのまま飲んだほうがよいに決まっています。そこをよく理解した上で、食べることがお勧めできます。高級食材でもありますから、そこまで頻繁に食べられないような食材でもあります。すっぽん鍋は美味ですし、そのまま水炊きにするのがお勧めできますが、個人の趣味でよいでしょう。

 

どうしてスッポンを食べるのか

 

スッポンというのは、多くの場合、中国で生息している亀です。アジアを中心に意外と分布が広い生物でもあります。これは輸入した、ということになります。日本でも古くから食用としてスッポンが養殖されています。要するに亀ですから意外と繁殖させやすいからです。ちなみに天然物はほぼ中国産になります。日本には事実上、天然の物はいないです。しかし、持ち込まれて何らかの理由で野に放たれて、それが生きていることはあります。しかし、これを天然物というわけにもいないので基本的には日本の場合はすっぽんは養殖を食べることになります。しかし、それが悪いわけではないです。別に養殖が極端に栄養素が低いわけではありませんから、それは安心してよいでしょう。では、そもそもどうしてスッポンを食べるのか、という疑問があるでしょう。これは実に体に良いからです。まさに競争作用があるいます。他にも台湾や韓国、北朝鮮、ロシア南東部、東南アジアなどに分布しています。ちなみにスッポンにもしっかりと旬があります。それが冬眠に入る前です。つまりは秋から初冬にかけて、ということになります。この時期のスッポンが最も美味いとされています。栄養も抜群です。

このページの先頭へ